大変お久しぶりです。

前回の投稿から早3ヶ月が過ぎ…その間ずっと何やら煮詰まっていたように感じます
(>_<)

自分の勉強について、教える仕事について…どうしてこんなに悩みが尽きないんだろうともがく毎日でした。

最近やっと「どうせなら何でも楽しんでやった方が良いな!」

と思う余裕が出てきました。
(^-^)

 

さてさて、7月は本番が2回ありました。

まずは師事している荒井先生の門下生発表会!

今年は初めて北欧の作品を弾きました。

 

シベリウスの小品集『樹の組曲』。

譜読みは易しいけれど、音楽として仕上げるのが難しかった…

同時に、弾いていてこんなに心が癒される曲も初めてでした。

特に「樅の木」は、弾き続けていきたい、大事なレパートリーになりました。

 

人生は有限です。出来る事は限られています。

その限られた時間で色々な作品を演奏していきたいです。

 

次回はまた別の演奏会の記事を書きます。

(*^^*)

演奏会終了その1
Tagged on: