先日とある会場で友達と演奏をさせていただきました。

その会場は一言で言うと「命の現場」です。

大袈裟なようですが…でも実際行ってみて、そう思いました。

 

そういった場所で演奏する際、演奏前は独特の緊張感がありますが…

今回演奏後、なんとも言えない爽やかさを感じました。

演奏することで自分の心が浄化されたように思いました。

演奏の場を与えてもらったことに心から感謝しました。

 

演奏の勉強をしているとついつい「自分をよく見せる」事を意識してしまうことがあります。

でも…それって愚の骨頂だな、つくづく思いました。

 

音楽は自分を飾り立てるためのギラギラした装飾品ではなく、

自分と誰かの心を通わせるための一種の「コミュニケーションツール」なのだと思います。

 

あらゆる地域において、古い時代多くの音楽は「神に捧げるもの」でした。

願いを伝えたり、感謝を表したり、許しを乞うたり…言葉を交わせない存在と心を通わせるためのものでした。

 

それは今の世も同じ。

人と人の心を繋ぐ、言葉にならないコミュニケーション、

そのための音楽。

 

自分が何を伝えたいか、相手にどう伝わるのか、自分がどう感じるか、相手にどう感じてもらえるか、

それが大事なんですね。

 

今回の会場で演奏できたのは長年のお友達のお陰なんです。

良い相方が居てくれて、私は恵まれていますね。

 

音楽の本質を教えてもらった気がします。

また機会があれば、「命の現場」で、演奏できたら幸せです。

「命の現場」にて…
Tagged on: