テレビで、ですが

とても良い演奏を聴きました。

バリトン歌手、ディートリヒ・ヘンシェルさんの

「An die Musik」

シューベルトの有名な歌曲です。

日本では「音楽に寄せて」「楽に寄す」などの題名で親しまれています。

純朴で、ただひたすら音楽と芸術への感謝を述べた歌です。

この歌を初めて知ったのは高校の音楽の授業でした。

ごく普通の都立高校でしたのが、不慣れなドイツ語でクラスのみんなで歌った思い出があります(^^)

第一印象は…退屈な曲…でした(シューベルトさんごめんなさい!)

同じシューベルトでも「魔王」のようにドラマチックではなく

「ます」のように軽快でもない…どう楽しんで良いやら…

まあ未熟すぎて良さが分からなかったのですね(^^;

時は経ち、私も少しは色々な事を経験したからでしょうか?

今日この曲を聴いて涙がこぼれました。


音楽という、形のない、価値の明確でないものを仕事として行うのに

少なからず悩んだ事も多々ありました。

でも…

音楽があるから、音楽に助けられたから

やっと乗り越えられた…という事も、多かったように思えます。

音楽を語るにはまだ未熟すぎますが、

でも自分が音楽をやってきた、そして今も仕事としてしている答えが、この歌の中にありました。

音楽よ、ありがとう。

音楽を仕事としてできることに感謝して、

教室の生徒さんに達とっても、音楽が生きる拠り所になるように

心を込めて、仕事しよう!o(^-^)o


An die Musik
Tagged on: